VOL550 2006.7.12号
第88回全国高等学校野球選手権山梨大会(4日目) 
山学 14安打 甲陵を7回コールド
〜 飯島・保延 投打に渡る華麗なリレー 〜
 

山梨県高等学校野球連盟(萩原彰会長)は7月12日、甲府市の小瀬球場、緑が丘球場で、第88回全国高等学校野球選手権山梨大会4日目2回戦6試合を行った。昨年準優勝の山梨学院大学附属高校は、緑が丘球場の第2試合目で2回戦を甲陵高校と対戦し、14安打を放ち、12対3で勝ち3回戦へ進出した。山学は、打っては3番・保延優馬(1年・敷島)が左越え二塁打を放ち出塁し、5番・飯島亮(2年・山梨北)の右線を破る二塁打で先取点を奪った。守っては、飯島亮が6回を投げ、保延優馬が1回を無失点で抑さえた。飯島と保延の投打に渡る華麗なリレーが行われた。山学は15日3回戦を小瀬球場の第二試合で吉田と戦う。
詳しくはこちら