VOL2668 2018.10.27号

ドラフト、中日球団が指名あいさつに訪れる
〜山学高・垣越、早くチームに貢献できる投手に〜
〜中日の代表的投手に成り得る逸材と期待〜


中日ドラゴンズは10月31日、山梨学院高校野球部・垣越建伸選手のプロ野球ドラフト会議の5位指名あいさつに山梨学院古屋光司理事長を表敬訪問した。訪れたのは、中日ドラゴンズ統括本部編成部・松永幸雄部長、同・米村明チーフアマスカウト、同・八木智哉アマスカウト。山梨学院側からは古屋光司理事長、山内紀幸高校校長、松崎将野球部部長、吉田洸二監督、垣越建伸選手が出席した。冒頭、米村明チーフアマスカウトは「10月25日にドラフト5位指名させていただきました。今後ともよろしくお願いします」と指名あいさつ。それに対して古屋光司理事長は「指名していただきありがとうございます」と述べた。また、米村スカウトは「君の力をそのまま出し、欲を出さずに、9連続三振のピッチングをすれば絶対に通用するから、あまりプレッシャーを感じずに」と励まし、垣越建伸選手は「まだまだ自信がないボールですが、このように言っていただいて自信になりますし、頑張っていきたいと思います」と抱負を語った。表敬訪問後、場所を山梨学院広報スタジオに移し、八木スカウトと垣越選手は報道各社の質問に応じた。

詳しくはこちら



Copyright (C) 2017 YGUPR. All Rights Reserved.