VOL1687 2013.7.13号
夏の高校野球山梨大会 開会式
〜参加38校の球児が小瀬球場に結集し入場行進〜
〜夢の甲子園をめざす熱闘の"夏"いよいよ開幕〜

第95回全国高等学校野球選手権山梨大会の開会式が7月13日、甲府・小瀬スポーツ公園野球場で行われた。参加38校のベンチ入りメンバー742名が夢舞台甲子園への出場を目指し結集した。午前8時45分、山梨学院高吹奏楽部85人と東海大甲府高吹奏楽部65人の合計150人が演奏する「栄冠は君に輝く」に乗って入場行進が始まった。今年の甲府盆地は梅雨明けと同時に猛暑に突入、前日まで5日連続39度前後の日本一暑い夏であったが、13日は暑さが和らぎ、穏やかな朝陽の下での開会式となった。大会第1シードの山梨学院高は3番目に入場、校旗を掲げる大下拓馬主将を先頭に、力強く堂々と行進した。桂高の石井幹人主将が「全国で一番熱く、輝く夏にします」と落ち着いた素晴ら しい選手宣誓を行い、いよいよ球児の夏が始まった。山梨学院高は明日14日午前9時、小瀬球場第1試合で韮崎高と対戦する。
詳しくはこちら


Copyright (C) 2013 YGUPR. All Rights Reserved.