VOL1148 2010.11.7号
●第12回山梨学院アルテア室内管弦楽団演奏会
〜モーツァルトの名曲を存分に堪能〜
〜芸術・文化の薫りがキャンパスに漂う〜

第12回山梨学院アルテア室内管弦楽団演奏会(主催・山梨学院大学)が11月9日、山梨学院メモリアルホールにおいて開催された。この演奏会は、今年で12回目を数え、キャンパスの木々が色付くこの時期に行われ、やまなし県民文化祭協賛事業として山梨県におけるクラッシック音楽の普及、向上に貢献している。今年はモーツァルト名曲特集として、「ヴァイオリンとヴィオラと管弦楽のための協奏交響曲」 変ホ長調 K.364や「ピアノ協奏曲第27番」 変ロ長調 K.595などが奏でられた。演奏会は昼の部と夜の部で構成され、昼の部では山梨学院小の1年生から6年生までの児童約370人が鑑賞し、東京フィルハーモニー交響楽団やNHK交響楽団などに所属する一流の演奏家らの発する旋律に耳を傾け、迫力ある演奏を肌で感じていた。夜の部では県内のクラッシック音楽ファンや地域の人々などがモーツァルトの世界を堪能し、休憩時間にはワインや日本酒、ソフトドリングを味わい、芸術の秋の贅沢なひとときを過ごした。
詳しくはこちら