VOL1144 2010.11.3号
●全国高校駅伝山梨県予選
〜山梨学院高女子が2年連続10度目の優勝〜
〜鈴木・田中・古屋・黒岩・深田で都大路へ

男子第61回・女子第22回全国高校駅伝山梨県予選兼関東高校駅伝県予選が11月3日、西湖畔周回コースで男子7区間42,195キロ、女子5区間21,0975キロで行われた。男子は韮崎が2時間12分43秒で22年ぶり6度目の優勝、2位農林、3位山梨学院となった。一方女子は、山梨学院が1時間12分25秒で2年連続10度目の優勝、2位韮崎、3位農林となった。山学女子は、1区鈴木千晴が2位に10秒差をつけ、2区田中結女、3区古屋佳那、4区黒岩みさきが安定した走りでトップを独走、アンカーの深田伊万里に襷をつないだ。期待されながら膝の故障に泣かされ、満足な走りが出来ずに苦悩して来たエースは、最終学年の大一番で見事な復活劇を演じ、区間新の激走でゴールに飛び込んだ。全国高校駅伝は、今年も12月26日に京都市で開催される。10度目の挑戦となる山梨学院女子は、初の10番以内を目標に師走の都大路を疾走する。
詳しくはこちら