VOL1133 2010.10.23号
●日本学生ショートトラック選手権 1日目
〜中口雪絵が膝の故障を乗り越え500m2連覇〜
〜田中翔太郎は1500m2連覇、女子4連覇へ〜

スケートシーズンが到来。先陣を切り第33回日本学生ショートトラックスピードスケート選手権(インカレ)が10月23日、長野県南牧村帝産アイススケートトレーニングセンターで開幕した。優勝回数男子16回、女子9回を誇る山梨学院大は、女子は4連覇、男子は優勝旗奪還を胸に大会に臨んでいる。初日の山学勢は、女子500mで膝に故障を抱えるスプリンターの中口雪絵が痛みに耐えて優勝を果たした。中口は昨年も500mを制しておりインカレ2連覇を飾った。また、男子のエース田中翔太郎は、初日の1500mで圧倒的な勝負強さで優勝を飾った。田中も昨年に続くこの種目2連覇を達成。昨年の田中は1000mも制しており、明日二日目の1000mで2年連続インカレ2冠の偉業に挑む。初日が終わった段階の女子の順位は、1位山学大、2位立教大、3位阪南大の順。山学大女子は4連覇に向けて最高のスタートを切った。
詳しくはこちら