山梨学院PB(パブリシティ)センター
 
女子第25回全国高校駅伝大会
 
●女子第25回山梨学院全国高校駅伝競走大会報告会
〜山梨県最高順位6位入賞 達成功績讃える〜
〜来年500m前の背中を追って1位目指す〜


山梨学院高校生徒会主催の男子第64回・女子第25回全国高校駅伝報告会が12月24日、同校の体育館で行われた。山梨県記となる目標の入賞を達成した女子駅伝部(5年連続13回目出場)は、吹奏楽部の演奏と中高生・PTAなど約1,500名の手拍子に合わせ、男子駅伝部のあとに主将を先頭にエントリー選手7名が入場し壇上に整列。女子駅伝部が6位入賞の賞状とトロフィーを古屋忠彦校長に手渡した。古屋校長は「男子山梨県初優勝、女子山梨県最高順位6位入賞は、山梨学院のスポーツの歴史に、新しい金字塔を打ちたてた選手諸君に心から祝意と感謝をします。また、県代表となるハイスクールスポーツとして県民に感動を与えてくれ誇りに思う」と功績を讃えた。女子駅伝部の高橋 真以主将が「競技場に三浦が入ってきたとき、豊川に優勝のゴールテープを切られた。次の日の朝、もう一度京都の町を走り、男子のようにたくましい走りを身につけ、全員で500メートル前の背中を追って、来年は1番でゴールテープを切ることを誓った。温かい応援ありがとうございました」と挨拶。師走の都大路を健脚で競い感動を与えた選手たちが校歌斉唱で讃えられ退場した。

詳しくはこちら


 
2013.12.22号
Vol.1795
女子第25回全国高校駅伝競走大会
〜山梨県最高6位入賞 一時は3位と優勝に絡む〜
〜来年経験者が4人残りさらに高みが期待できる〜
 
2013.12.21号
Vol.1793
女子第25回全国高等学校駅伝競走大会開会式
〜山梨学院5年連続13回目『はい』と元気に起立〜
〜至って謙虚 地区予選全国1位で初優勝夢でない〜
 
2013.12.10号
Vol.1784
女子第25回全国高校駅伝競走壮行会
〜全校生徒5年連続13回目出場を激励〜
〜落ち着いて堂々と都大路を走り抜ける〜
 
2013.11.23号
Vol.1775
女子第22回関東高等学校駅伝競走大会
〜山梨学院 初優勝17年ぶり大会新記録の金字塔〜 
〜畠山フラッシュライトの中ゴール 都大路で高み〜
 
2013.11.2号
Vol.1762
女子第25回全国高校駅伝大会山梨県予選
〜山梨学院 5年連続13度目 2年ぶり完全優勝〜
〜高橋・三浦・畠山・齋藤が区間新の走りで大会新〜
 

女子第24回全国高校駅伝大会はこちら
 
 
Copyright (C) 2013 YGUPR. All Rights Reserved.