山梨学院パブリシティセンター
 
ホッケー女子岩館聖菜選手、ポスターモデルに
〜2017日本リーグ開幕戦告知ポスター〜
〜山梨学院の主力選手として活躍〜

「フィールドに、恋」。男女ホッケー日本リーグ開幕戦のポスターのキャッチフレーズだ。
そのポスターのイメージモデルに山梨学院大ホッケー部女子CROWNING GLORIESの岩館聖菜選手(4年)が起用され話題を呼んでいる。ホッケー日本リーグ機構が従来のポスターとは異なる、今回初めてのコンセプトを込めた日本リーグ戦開幕のイメージポスターを制作。モデル選定については、リーグ戦加盟チームの中から何人かの候補者を選び、そのうち岩館聖菜選手に白羽の矢が立った。今回のアクティブは、社会人チーム、大学チームが日本一を争うリーグ戦の開幕戦告知ポスターを飾る大学生アスリート岩館聖菜選手にスポットを当て、モデルに起用された心境やそれによってどのような思いを伝えたかったのか。また、ホッケーと共に歩んだこれまでの道のり、今後のことなどを聞いた。

岩館聖菜さん(いわだて せいな 1995年9月4日生まれ 21歳)。
岩手県不来方(こずかた)高校出身⇒山梨学院大法学部政治行政学科4年 ホッケー部女子。
家族構成は、両親、兄、本人の4人家族。

岩館さんがモデルに起用されたホッケー日本リーグ開幕戦のポスター、チラシの撮影は2月17日に山梨学院ホッケースタジアムで行われた。モデルの選考に当たっては、ホッケー日本リーグ機構と制作会社とでリーグ加盟チーム選手の中から何人かの候補選手を挙げ、経験・実績、将来性、ビジュアルを踏まえた結果、岩舘さんが選ばれた。岩館さんは「撮影3日ぐらい前にマネージャーのメールに写真を撮りたいと依頼が来て、何がなんだか分からないまま自分でいいのかなと思っていました。撮影はチームメートが見ている前で行われ、ポスターのようなポーズがとても恥ずかしかった」と照れながらその時の心境を話した。ポスターデザインは、昨年までは、選手のプレーなどをあしらった迫力あるものだったが、今回初めてコンセプトを込めたイメージポスター(チラシも)にデザインを変更した。「フィールドに、恋。」というキャッチコピーに岩舘さんがスティックに唇を近づけるデザイン。

わたしが恋したのは、
アイス、じゃなくって
フィールドのほう。
恋したからには、必死で闘う。
そんなわたしたちを、ぜひ見てほしいから。
あなたもフィールドに、こい!
と岩舘さんのメッセージコピーが続く。

『ホッケーという競技を知ってもらいたい。ホッケー場でナマのホッケーをみてほしい。私たちのホッケーを見てほしい。そんな願いを込めている』(ホッケー日本リーグ機構より)。岩舘さんは「ホッケーは激しいスポーツで女子がやるには危ないイメージがあるのですけれど、そのスピード感溢れるプレーが魅力です。コンセプトを変えて作ったイメージポスターを見て、ホッケーに興味を持ってもらい、試合を観に来てくれる人が増えるようなきっかけになればいいと思います」と思いを語った。

岩舘さんがホッケーを始めたのは小学校3年の時。全国中学校大会で1、3年の時に優勝を経験、高校ではチームとしては成績が残せず、個人では高校3年(2013年)の時にU18に選出された試合を山梨学院大ジョン・シアン女子監督が見に来ており、その時に声を掛けてもらい、環境的に優れていることで入学を決めた。大学ではMFのプレーヤーとして、2年から不動のレギュラーの座を獲得。昨年においては全日本大学王座選手権や全日本学生選手権(インカレ)の優勝や社会人チームが加盟するホッケー日本リーグの中で5位、大学チーム内では1位になるなど結果を残したチームにあって、攻守にわたる活躍を見せ貢献した。さらに2016年のU21女子日本代表に選ばれ、11月から12月に懸けてチリ・サンティアゴで行われた女子ジュニアワールドカップに出場。日本は16チーム中9位となり、岩舘さんは全試合でフィールドを縦横に持ち前の足で走り回った。

大会後、岩舘さんはいろいろ悩んだ末、大学卒業と同時にホッケーを辞める決断をした。地元岩手県に戻り公務員か銀行員を目指すという。「今回のこの体験は、残るものなのですごく思い出になります。これからの一年、山梨学院での試合を後悔しないように全力で頑張っていきたい」とホッケー人生の集大成とする。最後に岩舘さんにとってホッケーとは、と質問をした。「ホッケーが自分を創ってくれました。ホッケーがあったから今まで学んだことが多く、自分の人間性は全てホッケーから創られたと言っても過言ではありません」と力を込めた。ホッケーを始めて13年。最後の年に日本リーグの“顔”として記憶に残る軌跡を描き留め、13年間の思いを全ての試合に乗せ解放する。これからの人生に新しい夢を追い求める素敵な笑顔が弾けた。

文(K.F) カメラ(平川大雪) 2017.4.12
アルバムはこちら

Copyright (C) 2010 YGUPC. All Rights Reserved.