山梨学院パブリシティセンター
 
県内最年少野球審判員・小林太地さん
秋季県大会で公式戦デビューを飾るか

日本中の高校野球ファンを熱中させた夏の甲子園大会が終わった。今なお、余韻の残る大会は、いくつものドラマを生んだ高校球児の青春の1ページが展開された。今回の=ACTIVE=は、甲子園出場を夢見、果たせなかった一人の元高校球児が大学生になった今年、審判員になり、別な道で野球に懸ける思いを紹介する。今年高校を卒業後、山梨学院大学に入学、夏の県大会前に審判員に登録された小林太地さん(現代ビジネス学部1年)。高校球児から県高野連の最年少審判員(18歳)に高校野球関係者も期待する。秋の県大会前に、公式戦デビューを心待ちする小林さんに野球審判員に向けた抱負を聞いた。

小林太地さん(現代ビジネス学部1年 18歳)。甲府市在住。両親と祖父母、妹・弟の7人家族。今年高校卒業後、山梨学院大学に入学。小林さんの野球との出会いは小学校1年生。以来、野球に没頭し、昨年まで、甲府城西高校で2塁手として甲子園を目指していた元高校球児。現在も勉学の傍ら、大学の野球サークルに所属している。

野球が好きでどんなことでも関わりたい小林さんは、現役の1・2年の時から先輩の試合で審判を頼まれることが多く、ジャッジの正確さを信頼されていた。「良く見えているからですかね。プレーを最後までしっかり見ること」と小林さんは自身の審判を分析する。昨年、高校野球を引退した後、後輩の試合の手伝いで審判をしていた時に、当時の部長先生と監督に勧められ、登録を決めた。高野連の審判の登録は、監督などの推薦と審判講習会で登録でき、今年の夏の大会前の講習会に参加した。

まだ公式戦の試合は経験していないが、夏休みには母校の練習試合や県内各地で他校の練習試合の審判をし、経験を積んでいる。先日は秋季県大会のシードを決める試合で3塁塁審を経験した。審判員の難しさを聞くと「選手はボールをずっと見ていればいいのですが、審判員の場合は、例えばボールをずっと追いかけているのと同時に、打ったバッターがどこにいるかを見なければならないので、選手とは違った難しさがあり、慣れるにはまだ時間が掛かりそうです」と小林さんは言う。審判員として心がけていることは「両方のチームに公平にジャッジすることは一番なんですけど、選手に分りやすいようにジャッジの仕方や声の出し方などを工夫している」。練習はルールブックを読み込み、動作をインターネットで勉強している。

元高校球児の小林さんは、今夏の県大会に準優勝した母校の後輩の試合を、同級生とスタンドで応援した。「うれしかったのと、あと一歩で甲子園にと、惜しい気持ちでいっぱいでした。行けるんであれば選手として行きたかった」と後輩の活躍を自分に重ねた。そして、小林さんは「一番の目標は、審判員でも甲子園に行けるので、ぜひ行ってみたい。それを叶えるためには、まず県大会で一つ一つしっかり審判をし、腕を磨き経験を積んでから」と甲子園の夢はまだ捨てていない。9月初旬から開催される秋季関東地区高校野球山梨県大会では、小林さんの公式戦デビューが見られるか期待される。「チャンスがあれば」と一言。準備はできている。

文(K.F) 2015.8.26

Copyright (C) 2010 YGUPC. All Rights Reserved.