山梨学院パブリシティセンター
 
柔道ロシアジュニア国際大会に出場
高松彩香・西田香穂・山崎珠美選手

山学大柔道部から4月20、21日にロシア・サンクトペテルブルグで開催される「ロシアジュニア国際大会」に3選手が出場する。女子78kg級の高松彩香と同じ78kg級の西田香穂、48kg級の山崎珠美の3人、これまでの実績を強化委員会に評価され、日本代表として出場する。稽古に励む3人を樹徳館に訪ね、国際大会への抱負を聞いた。

 


高松彩香(たかまつ あやか)選手 法学科2年 平成5年5月28日生まれ 19歳 身長172cm 血液型AB型 階級78kg級 右組み手 得意技は払い腰 栃木県栃木市出身 国学院大栃木中〜国学院大栃木高〜山学大 友人にすすめられ10歳で柔道を始める。國學院大栃木高時代は、インターハイ高2の時3位、高3の時に準優勝を獲得した。全日本ジュニアでは2位と3位。東京都内の大学からも誘われたが、西田・山部両監督の熱血指導と強い先輩が数多いことに惹かれ、自分が日本一を目指す場所はここだと山学大に進学した。今年2月のベルギー国際大会(20歳未満)で優勝。2月に続き、連続してロシアジュニア国際に日本代表として派遣されることになった。「出場できることに感謝し、自分らしい柔道をして、決勝で日本人対決を したい」(もう一人の日本代表は西田香穂)と話す。憧れの柔道選手は井上康生日本代表新監督で一本を取る柔道が好き。今シーズンの目標は、全日本学生・講道館杯などシニアの大会で結果を出すこと。そして、将来の目標は、強くて優しい警察官。

「大会結果」・・・決勝まで勝ち上がり、西田香穂に敗れ、準優勝

高松彩香選手稽古アルバム
西田香穂(にしだ かほ)選手 現代ビジネス学科2年
平成5年9月25日生まれ 19歳 身長172cm
血液型B型 階級78kg級 右組み手 得意技は大外刈り 山梨県甲斐市出身 敷島中〜甲府工業高〜山学大 柔道を始めたのは12歳の時、何かスポーツをしたくてバスケ・バレーを見学したが微妙で、柔道を見に行ったらグッと来て敷島柔道スポーツ少年団に入った。敷島中の柔道部は廃部状態だったため中学時代から甲府工高で練習、高2で県内高校生初の全日本ジュニア強化選手となった地元出身選手。インターハイ3位、高3で出場したベルギー国際大会2位。大1で全日本ジュニア準優勝、全日本学生柔道体重別準優勝。出場するロシアジュニア国際については「与えてもらったチャンスを活かし、必ず優勝して帰って来たい」と話す。今シーズンの目標は、昨年2位で終わった全日本ジュニアと全日本学生で優勝し世界ジュニアに出ることと、講道館杯で上位入賞しシニアに上がること。将来の目標は 、柔道日本一になり、世界で活躍する選手になること。努力を惜しまず立派な人間になる。

「大会結果」・・・決勝で山学大の同級生高松彩香を破り、優勝

西田香穂選手稽古アルバム

山崎珠美(やまざき たまみ)選手 現代ビジネス学科2年 平成6年1月7日生まれ 19歳 身長158cm 血液型B型 階級48kg級 左組み手 得意技は払い腰 神奈川県横浜市出身 横浜市立原中〜三浦学苑高〜山学大 アテネ五輪の谷亮子選手に憧れ小6で地元の瀬谷柔道会に通い始めた。三浦学苑高時代に武田淳子監督から奥襟を取って攻める柔道スタイルを仕込まれ頭角を現す。高校時代の成績は全日本ジュニア優勝、講道館杯2位、ベルギー国際大会(20歳未満)優勝。大1の昨年は全日本ジュニアは連覇ならず2位だったが、続く全日本学生体重別で1年生ながらオール一本勝ちで優勝を飾った。12月のワールドカップ・チェジュ大会で優勝、今年2月のソフィア国際大会準優勝。今回のロシアジュニア国際への思いは「一戦一戦しっかり戦い、 もっとアピールして優勝したい」。今シーズン目標は、全日本学生2連覇とGS東京に出場し上位入賞すること。将来は日本でも外国でも結果を残せる選手になり、目標の浅見八瑠奈先輩を超えること、そして、体育の先生になること。

「大会結果」・・・準決勝で敗れたが、3位決定戦に勝利、 3位

山崎珠美選手稽古アルバム


文(M.T) カメラ(平川大雪)
Copyright (C) 2010 YGUPC. All Rights Reserved.