山梨学院パブリシティセンター
 
平成23年度創立者古屋賞受賞者
スチューデンツ オブ ザ イヤー賞

春は旅立ちの時、3月15日、山梨学院から1181名の若者が社会に旅立って行った。今回の=ACTIVE=は、在学中に顕著な活躍で大学の名声を高めた学生に贈られる創立者古屋賞を受賞した3人と、今年度に優れた実績をあげ、学内外でめざましい活躍をした個人や団体を表彰するスチューデンツ オブ ザ イヤー賞受賞者(1団体・24人)の中から2人の卒業生を紹介する。

◎創立者古屋賞◎
 
有薗拓真(ありぞの たくま)さん、平成元年6月11日生まれ、22歳、兵庫県出身、血液型0型、法学部法学科卒、育英高の1年先輩梶雅晴選手を慕い山学大レスリング部に入部、大学で力を伸ばし、チームの中心選手として活躍、平成22年・23年全日本大学グレコローマン選手権96kg級2連覇、2011世界レスリング選手権に社会人に勝ち異例の現役学生出場を果たすなど日本を代表するグレコローマン96kg級選手に成長、気は優しくて力持ちの礼儀正しい青年、グレコの選手ながらフリーで戦う東日本学生リーグでもチームの勝利に貢献した、卒業後は故郷に戻りALSOK神戸支社に勤務しながらレスリングを続ける、練習環境を言い訳にせず「山梨学院出身の有薗は社会人になっても強い」といわれる選手になることを胸に、仕事との両立を目指し社会に踏み出す 「有薗拓真選選手アルバム

◎創立者古屋賞◎
 
オンディバ・コスマスさん、1989年12月13日生まれ 22歳、現代ビジネス学部現代ビジネス科卒、身長170cm、体重53kg、血液型A型、ケニア出身、高校から山梨学院で学ぶ、第88回東京箱根間大学駅伝競走で高校・大学7年間の集大成となる激走、3年連続で起用された3区(21、5キロ)で1時間1分38秒の区間新記録を樹立、チームを16位から9位に押し上げる7人抜きで山学大のシード権獲得に大きく貢献、卒業後は、山形県南陽市役所陸上部に所属する、創部2年目のチームをいきなり「ニューイヤー駅伝」初出場に導く原動力となる。将来の目標は、マラソンでのオリンピック出場、「2年ぐらいかけて徐々に距離を伸ばしていく」、山梨で育ち羽ばたき、山形で飛躍、五輪で飛翔、その夢を胸に巣立って行く。「コスマス選手アルバム

◎創立者古屋賞◎
 
北里謙治(きたざと けんじ)さん、平成元年5月19日生まれ、22歳、熊本県阿蘇郡小国町出身、経営情報学部経営情報学科卒、身長175p、血液型B型、熊本県立小国高から山学大に進学、高校時代から日本代表、抜群の突破力と破壊力を持つフォワードとしてチームの日本リーグ制覇、2年連続大学日本一に貢献、第60回全日本学生ホッケー選手権最優秀選手、第16回アジア大会日本代表、大学4年間は怪我との戦いでもあった「入った時は4年は長いと思った、故障して試合に出れない苦しい時もあったが、終わってみたらあっという間だった気がする」、四月からは埼玉県飯能市職員となる、ロンドン五輪出場をめざす日本代表「サムライジャパン」の一員、公務員アスリートとして仕事をし ながらオリンピックをめざす道を歩み始める 「北里謙治選手アルバム

☆スチューデンツ オブ ザ イヤー賞☆
 
岩田佳央梨(いわた かおり)さん、平成元年9月17日生まれ、22歳、甲府市出身、現代ビジネス学部現代ビジネス学科卒、身長154cm、血液型O型、スポーツ強化指定選手への学習支援活動であるSSAにスチューデント・アドバイザーとして参加、学生へのアドバイスを積極的に行い、グループ発表会を成功に導いた、チャレンジ精神が旺盛で円満な人柄、自身の可能性を広げようとする向上心は他の学生の模範と評価された、本人は「活動を通じて人前で話す機会が増え、以前よりも、恥ずかしさを抑えてきちんと喋れるようになりました」と話し「色々な成功している人の話を聞き、自分の将来について夢を持つ刺激を受けました」と語る、卒業後は横浜市の企業に就職する、笑顔で明るくをモ ットーに一生懸命働き、将来は独立して雑貨屋さんを開く夢を胸に社会に飛び出して行く

☆スチューデンツ オブ ザ イヤー賞☆
 
荻野美紗子(おぎの みさこ)さん、平成3年5月7日生まれ、20歳、昭和町在住、短大食物栄養科フードクリエイトコース卒、身長153cm、血液型A型、フードクリエイトコース第一期生の中心メンバーとして、本学マスコットのアルティ&ベッキーをモチーフにしたクッキー製作と山梨県スイーツマップ作成を実践、学生チャレンジ制度の認定を受けた、地域に根ざした商品開発を研究した他、山梨県洋菓子協会主催の「ケーキショー2011」で、パティシエに伍し学生で唯一奨励賞を獲得、在学中に「製菓衛生師」「レストランサービス技能検定3級」の二つの国家資格試験を取得した、好きなことに没頭する性格、器用な手先で細かい作業を続けることは嫌いではなくむしろ好き、卒業後は甲府 市内の洋菓子店に就職する、将来の夢は自分の店を持つこと、お菓子作りのプロフェッショナルをめざしキャンパスから旅立った。
Copyright (C) 2010 YGUPC. All Rights Reserved.