山梨学院パブリシティセンター

2019年6月26日号

Vol.2771

山梨学院パブリシティセンタートップイメージ画像(タブレット、スマホ用)

 

 

最新ニュース

2019年度 全日本学生柔道優勝大会

~男子2年連続の優秀校7回目の受賞~
~王者東海大に破れ2年連続ベスト8~

2019年度 全日本学生柔道優勝大会(男子68回)が6月22日・23日の両日、日本武道館で行われ2年連続(7回目)の優秀校受賞となった。山梨学院は、初日の開幕戦1回戦で東北地区優勝校の仙台大学と対戦し4対1で勝ち2日目の2回戦へと駒を進めた。2回戦で東海地区準優勝の皇學館大学と対戦し3対0、3回戦では関西地区代表の近畿大学と対戦。山梨学院は先鋒が優勢勝ちで1対0、次鋒 桑原宏典が『払腰』一本勝ちで2対0、五将が優勢勝ちで3対0として、続く中堅 西田将樹が『小外刈』一本勝ちし4対0として試合を決めた。山梨学院は副将 加藤慎之助が『背負投』一本勝ちし5対0、大将優勢勝ちで6対0と勝ち勢いを持ち準々決勝戦に駒を進めた。奇しくも相手は、昨年度の準々決勝で対戦し破れた前年度優勝校の東海大学と対戦。チームは臆せずに攻めの柔道で昨年度の王者に果敢に立ち向かったが、力一歩及ばず5対0で破れ2年連続のベスト8となった。なお、東海大学は4連覇24回目の優勝となった。

 

詳しくはこちら

最新ニュース

甲斐の古道を歩く「棒道」

~歴史遺産を巡るフィールドワーク~
~新緑映える八ヶ岳・棒道周辺を散策~

山梨学院生涯学習センターは6月23日、甲斐の古道の一つである「棒道」や周辺の文化財・歴史遺産などを巡るフィールドワーク体験プログラムを実施した。これまで青梅街道や鎌倉街道、若彦路、駿州往還の4古道のフィールドワークを行い、今回は第5弾として「棒道」編が企画された。棒道は、戦国時代に武田信玄が北信濃攻略のために整備したとされる軍用道路。この日は、北杜市長坂町の三分一湧水公園を起点に小荒間古戦場跡、小荒間番所跡、上ノ棒道の石造群などの歴史遺産を見学。参加者は、講師の説明に耳を傾け、地域の歴史を再発見するとともに、戦国の歴史ロマンに思いをはせていた。

 

詳しくはこちら